不動産担保ローンを選んだときのチェックポイント

ノンバンク系から借りるよりも安心感がありました

借入可能額は最低100万円で最高1億円に設定されており、担保価値によって決定する仕組みです。
査定にかけた担保の価値は200万円ほどなので、150万円は問題なく借入できました。
審査は特別難しいことはありませんが、融資までの日数はキャッシングより長かったです。
最短5日に設定されており、私の場合は7日後に借入ができました。
それでも急いでいたわけではありませんし、何より金利が低いのは嬉しいことです。
毎月の返済を抑えられるのですから、これ以上のメリットはないでしょう。
返済期間は金額によって変動する仕組みで、最長は20年という住宅ローン並でした。
ただ私の場合は150万円と比較的少ない借入でしたから、2年間での完済を目指したのです。
ローンのシミュレーションをしてみたところ、早く返済するほど利息を抑えられることを知ったからです。
利息は日数で加算されると聞きましたので、少しでも早く完済したいと考えました。
ローンにおいて利息ほど高い手数料はありませんから、少しでも早く返済したいと考えるのは普通でしょう。
何より利息が大きくなりすぎると、完済するまでに時間がかかってしまいます。
今回利用した不動産担保ローンは全国に対応している点が気に入りました。
キャッシングやカードローンなどは全国対応が普通ですが、不動産担保ローンに関してはそれほど多くはありません。
しかも銀行ローンということですから、ノンバンク系から借りるよりも安心感がありました。

まとまったお金を借りるときに利用ノンバンク系から借りるよりも安心感がありました低金利であることを超えるメリットはありません